自動車 解体

自動車解体.net

解体するような自動車でも鉄やパーツに価値があります!

どうして、廃車や事故車を買取できるのか?

車を解体するというイメージは、非常な大掛かりで手間なことを連想します。

すると必然的に人は手間がかかり、金額も高くなりそう!というイメージがあります。

 

多くの人は、解体というその大変な作業による高い解体手数料で商売が成り立っていると思っている人が殆どです。でも実際はそんなことはありません。

 

各自動車メーカーがリサイクルの責任を果たす役割をする為、自動車の廃車時にかかるリサイクル費用を、基本的に新車購入時に支払うようになっており解体費はリサイクル料金で支払われ、基本的にエンドユーザーは手間な書類記入等は殆どないのです。

 

勿論それがすべてではありません。仕事内容として、モーターオークションで購入してきた状態の悪い車や、なんらかの理由で廃棄処分となった自動車&オートバイをパーツ毎や金属マテリアル毎に分類し、社外品マフラー、オーディオ&ビデオ機器、エンジン等を各専門業者や金属販売業者へ販売し生計をたてています

 

解体業者により色々手順や販売方法は違いますが、最近ではインターネットの普及で部品販売したり、
依頼注文を受けることが簡単に出来るようになりました。

 

又、ディーラー系修理工場でも提携した解体業者に依頼し、顧客のニーズに応じて程度の良い中古部品を仕入れて修理することもあり、
地球環境にも優しくそして車業界では非常に大切な業者なのです。

 

廃車にするときにかかる費用として下記の3種類があります。

 

陸運事務所での永久抹消登録の手続き費用
車を解体するための費用(実走負荷の場合は車両の移送費も)
リサイクル費用

 

車を廃車にする為には自分で廃車手続きをするか、解体専門業者へ
依頼又は行政書士に依頼する方法が一般的とされています。

 

抹消の手続き依頼をした場合一般的ですが、代行費用として、通常1〜2万円前後の料金がかかってきます。

 

自分で手続きする場合は、永久抹消登録、解体抹消登録費用は0円で一時抹消登録の場合は手続きに350円必要となります。

解体前に、無料で買取業者に査定してもらおう!

車を処分するのは実はかなりの決断力が必要です。

長年使った愛車を処分するのは心が痛みます。

 

それが壊れてしまっていようとも感情は車に残る物です。

 

中には事故による全損で車を処分しなければならない人もいると思います。
いずれ直そうと、ガレージや庭に何年も置いてあるケースもあります。

 

しかし、動かないものは危険な粗大ごみでもあるのです。

 

劣化し腐食した金属はどんどんエンジンを蝕み、
オイルや色々な物が空気や水などと混ざり異臭やガスを発生させる場合があるのです。

 

そのまま何も知らずに、バッテリーを交換しエンジンをかけて火柱が上がる場合などもあるのです。

 

その時にドアが壊れていて開かないなんて事になったら…想像するだけで恐ろしいですよね?

 

車は置いておくだけでも危険なんです。

 

更に、抹消登録をしておかなければ税金は常にかかります。
なので使わない車両はさっさと解体業者へ依頼し処分をしてしまいましょう。

 

最近ではインターネットでも簡単に見積もりや買取金額を一括で簡単に査定することもできます。

 

中でも最大手カービューでは、

 

事故車の処分に費用をかけたくない方

車両保険に未加入の方

事故車の買取先を探している方

修理するなら買い換えたい方

 

をターゲットにオンライン一括査定をしており全国から簡単に見積もりを取る事が可能です。

 

こういったサービスを利用してみるのは非常に有効で効率的な手段といえますので使ってみてはどうでしょうか?

 

カービュー

 

⇒カービューの公式サイトはこちら


ホーム サイトマップ